FC2ブログ
新・大阪その日その日

2018 11
10 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 → 12
長居植物園(大阪市) 2018年11月3日
▼11月3日、長居植物園に行ってきた。9月の台風21号からはかなり時間が経過していたが、関西の他の公園や植物園同様、こちらでも台風の残した爪痕が、まだあちこちに見られた。こちらの木は脇枝だけ残して、太い幹の方は上部がすっぱりと切り落とされて、不思議な姿になっている。
45343494

(c)archundes - 画像素材 PIXTA -



▼台風被害にあった樹木を伐採したものだろうと思うが、一定の長さに切り分けられて植物園の一隅にうず高く積まれていた。すごい量だ。
45342933

(c)archundes - 画像素材 PIXTA -



45342952

(c)archundes - 画像素材 PIXTA -



▼夕暮れが近い蓮池あたり。
45343147

(c)archundes - 画像素材 PIXTA -



45343389

(c)archundes - 画像素材 PIXTA -



45343255

(c)archundes - 画像素材 PIXTA -


 植物・花写真 コメント(-)
大阪市立大学理学部附属植物園 2018年11月
▼この植物園の中でも私の好きな場所。
植物園風景_2


▼センペルセコイア(ヒノキ科またはスギ科)の切り株。台風21号(2018年)の風で倒れたとのこと。そばの掲示板には樹高40m級、樹径80cm超、樹齢67年超とあった。
45360668

(c)archundes - 画像素材 PIXTA -



▼上記センペルセコイアと同一個体。
45360763

(c)archundes - 画像素材 PIXTA -



▼こちらは倒木を免れたセンペルセコイア。
45360797

(c)archundes - 画像素材 PIXTA -



▼秋色のユリノキ(モクレン科)
45360830

(c)archundes - 画像素材 PIXTA -



▼このあたりはかなりひどい状態。大阪府内の植物園・公園などはどこも大なり小なり風の被害を被っている。
45360882

(c)archundes - 画像素材 PIXTA -



▼スラッシュマツ(マツ科) 園内には風で倒れた個体も展示してあった。この写真の個体も、立ってはいるが心なしか枝がかなり傷んでいるように見える。
45360595

(c)archundes - 画像素材 PIXTA -



▼スラッシュマツの幹部分。
45346122

(c)archundes - 画像素材 PIXTA -



▼サルスベリ(ミソハギ科)果実。
45352108

(c)archundes - 画像素材 PIXTA -



▼ムクロジ(ムクロジ科)
45351979

(c)archundes - 画像素材 PIXTA -



▼エノキ(アサ科 旧ニレ科)
45351957

(c)archundes - 画像素材 PIXTA -



▼上記エノキと同一個体。
45345822

(c)archundes - 画像素材 PIXTA -



▼ナナミノキ(モチノキ科)
45351887

(c)archundes - 画像素材 PIXTA -



▼アベマキ(ブナ科)
45345662

(c)archundes - 画像素材 PIXTA -



▼クヌギ(ブナ科)
45345468

(c)archundes - 画像素材 PIXTA -



▼クロガネモチ(モチノキ科) 果実。
45345076

(c)archundes - 画像素材 PIXTA -



▼シナアブラギリ(トウダイグサ科) 果実。この植物は花も美しい。
45343551

(c)archundes - 画像素材 PIXTA -

 植物・花写真 コメント(-)
大野川緑陰道路 2018年10月初旬
▼オオミノコフキタケか? 大野川緑陰道路を歩いていたら、サルノコシカケのようなキノコがサクラの幹に生えているのを見つけた。触るとけっこう堅い。叩くとコンコンと音がしそうだ(実際に叩いたわけではない)。おそらくサルノコシカケの仲間だろうと思ったが、キノコはまったくの門外漢なのでわからない。帰宅後ネットで調べてみた結果、サルノコシカケの仲間(科の分類についてはなんだかややこしそう)のオオミノコフキタケの可能性がもっとも高いと思われた。2018年10月7日撮影。
44373969

(c)archundes - 画像素材 PIXTA -



▼上記と同じ個体を下から撮影。ネット上には下面がこのような色合いをしている画像がほとんど見当たらなかったが、多分オオミノコフキタケだろう。2018年10月7日撮影。
44373828

(c)archundes - 画像素材 PIXTA -



▼大野川緑陰道路のケヤキ。2018年10月1日撮影。
44373714

(c)archundes - 画像素材 PIXTA -



▼大野川緑陰道路 エノキ。2018年10月1日撮影。
44373699

(c)archundes - 画像素材 PIXTA -



▼先日の台風21号で折れたマツ。2018年10月2日撮影。
折れたマツ

▼ヨドコウ工場。屋根部分が、台風(21号)直後よりもむしろ(意図的に)大きく剥ぎ取られているように見えるが、改修あるいは建て直すのか? 2018年10月2日撮影。
ヨドコウ工場

▼淀川土堤ではマメアサガオ(ヒルガオ科)が咲いていた。2018年10月2日撮影。
マメアサガオ

▼こちらも淀川土堤に咲いていたホシアサガオ(ヒルガオ科)。マメアサガオ同様、こちらも帰化植物。このあたりは帰化植物だらけだ。2018年10月2日撮影。
ホシアサガオ
 日記 コメント(-)
キンモクセイ初香り 2018年10月2日
 今日(2018年10月2日)、今年はじめてキンモクセイの香りをキャッチ。ただし、場所はいつもの自宅(大阪市内)ではなく、近くの大野川緑陰道路。花も確認した。
 季節の話題 コメント(-)
台風21号(2018年)による樹木被害 大野川緑陰道路(大阪市内)
 2018年9月の台風21号の猛烈な風により、大野川緑陰道路(大阪市西淀川区)の樹木も大きな被害を受けたが、樹種によって被害の受け方に偏りがあるのかどうか、ちょっと気になったのでチェックしながら歩いてみた(9月24日前後)。
 結果は樹種による偏りはどうやらなさそうだった(あくまでも素人による簡単な目視チェック)。倒木などの被害を受けていたのは、クスノキ、アキニレ、エノキ、ナンキンハゼ、イチョウ、メタセコイア、サルスベリ、マテバシイ、トウネズミモチなど多岐にわたっていた。ただ、大野川には松の木も多く植えられているが、松はどうだったかあまり記憶に残っていない。今度もう一度調べてみよう。単なるチェック漏れかもしれない。
(2018年10月1日追記)10月1日に海寄りの道を再び歩いてみた。マツは枝が折れたものは多数見られたが、倒木はあまり見つからなかった。もっとも台風からかなり日が経っているので、すでに倒木を片付けられてしまった可能性もある。あるいは、針葉樹で風の抵抗を受けにくかったのかもしれないし、比較的サイズの小さな木が多かったことも関係しているかもしれない。

▼枝が大きく折れてしまったアキニレ。
44084056

(c)archundes - 画像素材 PIXTA -



▼こちらは横倒しに倒れてしまったアキニレ。
44084042

(c)archundes - 画像素材 PIXTA -



▼桜(ソメイヨシノ?)の倒木。
44083944

(c)archundes - 画像素材 PIXTA -



▼倒れたサルスベリの根元。ねじ切られたような不思議な形に。
44084112

(c)archundes - 画像素材 PIXTA -



▼横倒しになったエノキ。
DSC00358.jpg

▼メタセコイアも幹の途中でポッキリ。
44083584

(c)archundes - 画像素材 PIXTA -



▼あたりにはヒガンバナが咲いていた。
彼岸花咲く大野川緑陰道路
 災害 コメント(-)